16mmフィルム映画上映会

光と影の魔法

フィルム映写機を使ったワクワクする上映会はいかが?

詳細はこちら

リカバリー西焼津「フィルムにワクワク!こども映画上映会」を開催しました。

「フィルム」と「映写機」

こんにちは。

2019年3月25日、静岡県にある「リカバリー西焼津」にて、黒猫映劇による「こどもフィルム映画上映会」を開催しました。

始まってすぐハプニング!もありましたが、、、施設のスタッフさん、そして、こどもたちに救われとても楽しい上映会を行うことができました。

まずは、上映会の説明。ほぼぶっつけ本番(笑)

前に出て説明しようとすると、、、プロジェクターの光が顔面直撃でクソまぶしい!

そして、こどもたちからは「ジョーズが見たい!」「スターウォーズが見たい!」とリクエストが…。

「ごめんよ、そんなものはねえんだよ!」と心の中でつぶやきながらの上映会スタートです!

16mmフィルム映画上映会スタート!

画面ちっちゃ!にもかかわらず体育座りでじっと見てくれてるこどもたち。ごめんね。

ズームレンズとかあればもっと大きくできるんですが、、、古い映写機の為、手に入らないのです。

なんか、横の寅さんが「すまねえ!」ってあやまってるみたい…。

課題は山ほど。

始めてのホール上映にしてはよくやった!と言いたいところですが、、、。

まだまだ課題は山ほどあると痛感。

今回は、こどもたちが映写機をほとんど見る機会がなく、「フィルムと映写機の魅力」がいまいち伝えられなかったのが残念でした。

・画面を大きくするにはどうしたらいいか!

・上映の合間にできることは?

もっとこどもたちに「フィルムに興味をもってもらう」には?

などなど、、、他にもたくさんありました。

この経験をもとに、もっとワクワクするような上映会を開催できればと。

あとがき

上映会が終わったあと、帰りぎわひとりの女の子が「この中にプ―さん入ってるの?」と、映写機を指さしながら言った言葉がすごく印象的でした。こどもの純粋な感性ってのは本当にスゴイです。

上映の合間にスタッフさんが「カタカタ音が鳴ってるの聞こえた?」ってこどもたちに言ってくれていたのも嬉しかった。

ほんとに助けられてばかりでした。

企画してくれた施設長さん、そして力を貸して頂いたスタッフさんには本当に感謝です。

段取りとかめちゃくちゃでほんとにすみません、、、。

この経験をもとにさらにワクワクできる上映会を目指します。

では、最後までありがとうございました。

コメント

トップへ戻る