平田弘史先生に預けていた修理途中の映写機「フジセントラル1号機」を運び出しました。

「35mmフィルム映写機フジセントラル1号機」

平田弘史先生の元で修理中の映写機でしたが、足久保劇場に引き上げることになりました。

色々思うことがありますが、また書きたいと思います。

「フィルム映写機で上映会を行いたい。」

これは、今まで修理を行ってくれていた平田弘史先生と、足久保劇場の夢でもあります。

『夢』は諦めていません。

あとがき

想像の上を行く「重さ」でした。

コメント

トップへ戻る