16mmフィルム映画上映会

光と影の魔法

フィルム映写機を使ったワクワクする上映会はいかが?

詳細はこちら

純喫茶「のい」にて「映写機を愛でる会」 vol2

「フィルム」と「映写機」

こんにちは、ヒデカズです。

突然ですが、、、

ジャイロエネルギー!

です。

ジャイロエネルギーというのは、回転する力が生み出すエネルギーです。

そのエネルギーの波長と同期することによって、f/1のゆらぎと同じような…。

なに言ってんだこいつは?って声も聞こえてきそうですが、、、

でも、、、それでいい!

ということで、、、

映写機の生み出す、音と、光と、回転のチカラを心いくまで愛でる「映写機を愛でる会」
を開催しました。

場所は、「純喫茶のい」

今回は第2回という事で10名ほどの勇者が来てくれました。

ということで、レポートします。

愛でるとは…

愛でるとは、、、

ウィキペディアによると

愛して大切にする。珍重し賞美する。

なるほど、正直、自分もよくわかりませんが

映写機を愛して、大切にして、珍重して、賛美する!

しかし、それよりも

「愛でる」って響きが最高じゃないですか!

スクリーンはありません。

「映写機を愛でる会」ですから、主役は映写機です。

なので、スクリーンはありません。

「なんの作品を上映するの?」

こんな質問は愚問ということになります。

映写機が奏でる音を聞き、レンズから放たれる光を浴び、そして、ジャイロエネルギーを感じます。

ただ映写機を動かす

ただ、動かすのです。

空間に映写機の存在があるだけでいいのです。

30分も愛でているとちょっとした、トリップ状態になります。

目には見えない、ジャイロエネルギーが体と同期し始めます。

それはまさに、、、

そう、小宇宙(コスモ)です。

 

存分に愛でた後は

映写機を愛でたあとは、、、そのまま懇親会。

ジャイロエネルギーの余韻に包まれながら、味わうコーヒーは格別です。

もともと、「純喫茶のい」は映画好きが集まる喫茶店ですからね。

映画談義にも花が咲きました。

僕はそれほど、映画通ではないのでさっぱりでしたが!

どちらかというと、この映画談義の方が盛り上がってたんじゃないかと。

しかし、これもジャイロエネルギーの賜物です。たぶん!

フィルムがつなげる、つながり。

「映写機を愛でる会」という、くそマイナーな会。

それでも、何人もの勇者が来てくれて、ルイーダの酒場のような空間が広がりました。

これって、、、

素晴らしい事なんじゃないかと。

SNSとかで多くの人と繋がれる時代だけど、リアルに人と人が会って繋がる。

共通の話で盛り上がれる。

これですよ。

きっと、、、言葉で表現するのは難しいけど。

正直、「映写機を愛でる」なんて意味あるのか?って心のどこかで思っていた自分もいたのも事実。

だけど、やってみて、「やってよかった」って心から思えた。

「人」と「人」が繋がれたのが嬉しかった。

あとがき

まだまだ手探り状態の会ではあるけど、とにかく続ていきます。

「継続は力なり」です。

続ける事で一体何が見えてくるのか?

これは僕にも未知数です。

ということで、3月も開催します!

ジャイロエネルギーを浴びたい方は是非(笑)

では、最後までありがとうございました!

コメント

トップへ戻る