16mmフィルム映画上映会

光と影の魔法

フィルム映写機を使ったワクワクする上映会はいかが?

詳細はこちら

「フィルとムーをフィルムにvol.4」イマジカ現像所に初めて言ってきました。

「フィルム」と「映写機」

こんにちは、ヒデカズです。好きな超人はペンタゴンです。

ウォーズマンにやられた時は悲しかったです。

ということで、、、

「フィルとムー」のキネコが無事終了。

出来上がったネガフィルムを現像してもらう為、五反田にあるイマジカ現像所に行ってきました。

イマジカ現像所

映画業界で働いているなら、知らない人はいないイマジカ。

現在は、デジタルコンテンツの制作が主流ですが、フィルムの現像も行っています。

私が働いている、映画館にも、イマジカのロゴが入った、DCPがたくさんあります。

イマジカ現像所の歴史

1935年、京都・太秦にて株式会社極東現像所として設立。長瀬産業のフィルム現像部門を分社化する形で映画の現像を開始した

現在が2018年ですから、今から、83年前!由緒ある映画会社です。

ロビーにおいてある機械は?

入ってすぐに置いてあったのが、この機械。

重厚感といい、たまらなくかっこいい。

で、なんだと思いますコレ。

実は、特撮映像をとる機械です。ゴジラなどもこの機械を使って撮影されていました。

見てるだけでワクワクします。

フィルムを現像へ

必要事項を書いたあと、受けつけにネガを預けます。

荒木先生が担当の方に事前に連絡してくれていたため、とてもスムーズに現像に出すことができました。

あとがき

憧れの初イマジカ、楽しかったです。現像所(ラボ)も見学してみたかったなぁ。

ということで、、、

あとは、出来上がったフィルムを待つのみです。

めちゃドキドキです!

では、さいごまでありがとうございました。

現像に出したあと、そのまま五反田の居酒屋へ。庶民的な雰囲気が最高でした。

ただ、店の名前が思い出せない!たしか「〇将」だったような…。

コメント

トップへ戻る